公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

Yoshikazu Nagase

一秒を争う緊迫感と安堵感・達成感。

永瀬 慶和Yoshikazu Nagase

出身地兵庫県
出身大学金沢大学
卒業年度平成25年
勤務先大阪大学 大学院/附属病院
専門分野婦人科腫瘍
部活動/趣味バレーボール部/ドライブ
いま熱中していること息子と公園に行くこと

同じ産婦人科でもこんなにもやっていることが違うのか

産婦人科に決めたきっかけは? きっかけは、大学5年時の臨床実習でした。 実習初日に急遽はいった緊急帝王切開の「一秒を争う緊迫感」、そして児を無事に娩出させた後の「安堵感・達成感」に心奪われました。 さらにその翌日の実習では、帝王切開と全くタイプの異なる子宮頸癌の手術があり、「同じ産婦人科でもこんなにもやっていることが違うのか」と感動しました。「手術以外にも色々なことができる」と思い、産婦人科に決めました。

基礎研究(実験)、臨床論文の作成、疫学調査などを行う

現在の産婦人科生活について 大学卒業後、5年間は市中病院で産婦人科全般に関する臨床を学びました。 産婦人科専門医を取得後は大学院に所属しており、婦人科悪性腫瘍に関する基礎研究(実験)、臨床論文の作成、疫学調査などを行っています。

きっと自分が没頭できる分野が見つかる

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 産婦人科は本当に多様性がある科です。 周産期、腫瘍、不妊、更年期といったサブスペシャリティーだけではなく、基礎研究、母子保健やがん対策といった衛生学的分野、性感染症や性暴力の対策など、様々な領域で産婦人科医は必要とされています。 きっと自分が没頭できる分野が見つかります。一緒にその分野を見つけませんか?