公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MESSAGE

メッセージ

理事長から医学生・研修医のみなさまへのメッセージ

公益社団法人
日本産科婦人科学会
理事長木村 正

ご挨拶~昔話にちょっとお付き合いください~

日本産科婦人科学会理事長の木村 正です。

このコーナーは医学生の皆さんや初期研修医の皆さんに産婦人科の魅力をお伝えするべく、日本産科婦人科学会産婦人科未来委員会内の若手委員会の皆さんが一生懸命作ってくれたものです。日本産科婦人科学会は若手を大切にして、若手の先生方の意見をとりいれるために若手委員会を組織しています。現在、小野寺委員長の下、全国から20人の若手委員が集まり、産婦人科の将来のために熱い議論を行い、様々なプロジェクトを展開してくれており、頼もしい限りです。

さて、私は1985年卒業ですから今年で丸35年産婦人科医をやっていることになります。ずいぶん長い時間が経ったものです。学生時代のことを思い出すと、産婦人科の講義はわかりませんでした。内分泌で語ることができる生殖医学には理解しやすいストーリーがありましたが、他の分野はほとんど「こういうことが起こったときは、こういう診断で、こうする。」という記載がほとんどで、「なぜ」についての記述はほとんどなかったように思います。

私が産婦人科を選んだ理由は当時の産科病棟実習で出産を見て、ベビー室のガラス越しにならんでいる赤ちゃん(当時はプライバシーの概念などなく、ガラス越しに赤ちゃんがたくさん寝ていた)を笑顔で見ている顔色の悪い他科の癌患者さんをみて、母親が赤ちゃんと共に退院するときに先輩医師がかける「退院おめでとう!」の声が、本当のおめでとうだな、と思えたからだと思います。この病棟は希望の病棟でした。そして、私も希望を支える一員になりたい、と思い産婦人科医になりました。

産婦人科医になってみると、やはり「なぜ」の連続でした。なぜ、今日がこの子の誕生日なんだろう?なぜ、こんなに早く生まれてしまったんだろう?なぜ子宮頸がんは性交経験が多い人に多いのだろう?なぜ、精子が元気にたくさんあって、排卵していて卵管も通っているのに妊娠しないんだろう????産科・生殖医療・婦人科すべての領域を経験しました。臍帯脱出で先輩が児頭を押し上げながら、「1分で出せ!」と叫ぶ中で帝王切開をして、赤ちゃんが元気に泣いた時、「この子の70年を救えた。」と思いました。体外受精が一般的ではない時代に排卵誘発と人工授精で産まれた赤ちゃんを抱いて帰られた女性からお子さんはもう就職した、と年賀状をいただきます。婚約してすぐに子宮頸がんで子宮を失うことになった女性の涙は忘れられません。いい事ばかりではなく、この分野ならではのさまざまな人生のドラマを見せてもらいました。研究も、陣痛はなぜ起こるの?という根本的な問題に首を突っ込み、世界の最先端を相手に競争できた10年ぐらいは夢の様でした。

日本の産婦人科医はこれまでスーパー(ウー)マンのような働き方をしてきました。その分、私が世界各地で見てきたどの国の産婦人科医よりも何でもできる集団です。しかし、これから働き方改革が進むと産婦人科医の働き方もやがて国際標準化されて行きます。学会もその実現に向けて全力で取り組んでいます。また、昔は訴訟リスクが高い、と言われていましたが、先人の努力により今は普通のレベルです。


やりがいのある産婦人科で一緒に明るく楽しく頑張りませんか?

日本産科婦人科学会 
産婦人科未来委員会 委員長
北海道大学大学院医学研究院 
産婦人科学教室 教授
渡利英道

医学生、研修医のみなさん、こんにちは!令和元年度から産婦人科未来委員会委員長を拝命しております、北海道大学の渡利英道(わたりひでみち)と申します。このたびは、産婦人科医療、産婦人科学に興味をもって私ども産婦人科未来委員会のホームページにアクセスして頂き誠にありがとうございます!
早速ですが、産婦人科はとてもやりがいのある診療科です。患者さんは女性が対象ですが、その対象は配偶子、受精卵、胎芽の時期から始まり、老年期に至るまで女性の健康を一生涯に亘って守り、幸せにするという大切なミッションが課されています。また、対象臓器だけをみると子宮、付属器などに限られており、一見狭い学問のようにみられがちですが、対象とする疾患は周産期学、生殖医学、婦人科腫瘍学、女性医学、遺伝医学など大変多岐に亘っています。したがって、産婦人科医としての基本を身につけて産婦人科専門医となった後、個々人の興味に沿って専門領域を選択することができますし、その内容に応じた働き方が選択できるのが最大の特徴です。また、全ての分野を極めることはとても困難で、奥深い学問であるとも言えます。
さて、自分はどうして産婦人科の道に進んだのか、この機会に改めて振り返ってみました。私が卒業した平成元年はまだ現在の臨床研修制度はなく、卒業と同時に進路を決定する必要がありました。当時のbed side teaching(BST)で最後に実習に回ったのが産婦人科であったこともあり、分娩を見学するという貴重な体験が強烈に目に焼きつきました。もちろん感動もしたのですが、「出血と戦う仕事なのかなあ。」という印象もありました。また、元々は漠然とがん診療に関連する研究をしてみたいという思いがあったので、病理学を学んでおきたいという気持ちもありました。その時に当時の産婦人科の教授から、「産婦人科ではがん診療と研究にも携わることができるよ。」と伺い、幅広い選択肢があることが産婦人科の大きな魅力の一つだと気づきました。さらには当時の教室の先生達がとてもフレンドリーで、人数が少なく大変忙しい中でもいきいきと働き、楽しそうにしている姿を見せてくれたことから、「ここの組織の一員になれば、大変かもしれないけど自分も充実した医師生活を送れるに違いない!自分を生かせるのはここしかない!」という気持ちが芽生え、産婦人科を専攻する決意をしました。
北海道大学産婦人科学教室入局後は、関連病院や大学病院での研修、関連病院での医長経験のみならず、大学院後の米国ペンシルバニア大学留学時には内分泌学・周産期学に関する研究に従事するなど、多くの貴重な経験をする機会を頂きました。特に、研究に関しては大学に属していなければ決してできなかったことですし、留学についも自分の力ではなく機会を与えて頂いたものであり、「自分の人生の中で本当にかけがいのない素晴らしい経験をさせて頂いた。」と思っており、心より感謝しております。そして、帰国後は現在に至るまで婦人科腫瘍学の臨床、研究に携わってきたことを考えると、産婦人科学の奥深さに少しでも触れることができたのではないかと思います。
振り返って医師になって今春32年目となりますが、産婦人科を選択して後悔したことは今まで一度もありませんでした。これからも、女性の一番の味方として世界の女性を幸せにする産婦人科医療に生涯携わっていこうと決意を新たにしています。どうか、皆さんも迷いを振り切って私たちと一緒に明るく楽しくいきいきとした人生を歩んで行きませんか?皆様の熱い気持ち、エネルギーを私たちにぶつけて頂き、日本の産婦人科医療のさらなる発展に一緒に貢献していきましょう!どうぞ、宜しくお願い致します。