公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

身近にいる友人たちの相談に乗れるようになりたい

土田 奈々枝Nanae Tsuchida

土田 奈々枝 Nanae Tsuchida

出身地東京都
出身大学東京医科大学
卒業年度平成25年
勤務先東京医科大学病院
専門分野産婦人科全般
部活動/趣味水泳部/旅行・御朱印集め
いま熱中していること全国の可愛い御朱印を集めること

いきいきと働いている先生方の姿に強い憧れを抱く

産婦人科に決めたきっかけは? 小学生から女子校育ちだったため、周りは女子ばかり。生理や体の変化に関する悩みを共有する中で、医師になるならまずは身近にいる友人たちの相談に乗れるようになりたいと思い、高校生の頃からぼんやりと産婦人科に進むことを考えていました。その後、臨床実習で産婦人科を回った際、お産に手術に、忙しいながらもいきいきと働いている先生方の姿が印象的で強い憧れを抱きました。研修医になり外科系の他科とも悩みましたが、初心に返ったことと、お産に携われるのは産婦人科だけだということから、最終的に選びました。

患者さん言葉を噛み締めながら、日々診療に当たる

現在の産婦人科生活について 母校の産婦人科に入局し、産科・婦人科それぞれをローテートしながら幅広く学んでいます。また、大学院では成育医療研究センターに国内留学し、胎盤の初期発生に関する研究を行っていました。現在は臨床に復帰して産科に所属しています。大学にはハイリスクな患者さんが多く、力及ばず辛い転帰となってしまうことがあるのも事実ですが、「先生に診てもらえてよかった」「無事出産できたのは先生方のお陰です」というお言葉を噛み締めながら、日々診療に当たっています。

産婦人科の幅広い魅力に触れて、選んで間違いなかったと実感

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 産婦人科は緊急や当直が多くて忙しい、訴訟のリスクも高そうで心配。そんなイメージを持って躊躇している方もいるのではないでしょうか。入局前にあれこれ心配していた私でも、今日まで元気に働いてこられています。働き方改革の影響もあり、プライベートも大事にできています。そして何より、産婦人科の幅広い魅力に触れて、選んで間違いなかったと実感しています。 少しでも興味のある方は、是非サマースクールやPOP2などに参加してみてください!お待ちしています。