公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

地域の医療に貢献すべく研鑽を積んでいます

良川 大晃Hiroaki Yoshikawa

出身地 東京都
出身大学 北海道大学
卒業年 平成26年
勤務先 北海道大学病院
専門分野 産婦人科全般
部活動/趣味 柔道部と山岳部/旅行
いま熱中していること 肉屋巡り

部活のOBに産婦人科の
先生が多く、そこから興味を持ったのが始まりです。

産婦人科に決めたきっかけは? 部活のOBになぜか産婦人科の先生が多く、そこから興味を持ったのが始まりです。授業や実習はもちろんのことセミナーなどにもお誘いいただき学年が上がるにつれ、産婦人科になるものだと思い込んでいきました(笑)。もともと診断から治療・手術まですべてやってみたいという気持ちがあり、それに合致していた点も大きかったです。 ただ初期研修で他の科にも興味がわき、産婦人科以外の科にしようかと迷ったことがありました。最終的には継続的に声をかけ続けてくれた先輩方におされ、産婦人科に決めました。産婦人科という科が面白そうだと思ったのももちろんですが、たくさんの魅力的な先輩方がいたことも決めてでした。

大学で働きつつ、外勤で
全道を回っています。

現在の産婦人科生活について 現在は大学病院で腫瘍や周産期、生殖医療など様々な分野をローテーションしながら地域の医療に貢献すべく研鑽を積んでいます。 大学で働きつつ、外勤で全道を回っております。 働き始めて感じたことはやはり産婦人科には面白い先生方が多いなということでした。勧誘してくれた先輩方も後輩もみんな魅力的な人ばかりです。様々な人と繋がっていることを実感しながら仕事をしています。

産婦人科の魅力を、大学の実習やサマースクールなどで経験しましょう!

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 産婦人科の守備範囲はかなり広いです。とっつきにくいイメージがあるかもしれませんが、その分楽しさもあります。例えば、診断する楽しさ、手術をする楽しさなどです。特にお産は他科では経験できない物です。
そしてなにより魅力的な先生が多いです。その魅力を是非、大学の実習やサマースクールなどで経験いただければと思います。
是非、一緒に働きましょう!