公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

一人でも多くのご家族を幸せにする為、周産期に関わる仕事がしたい

北村 直也Naoya Kitamura

出身地 東京都
出身大学 東京慈恵会医科大学
卒業年 平成25年
勤務先 東京慈恵会医科大学附属病院
専門分野 周産期
部活動/趣味 ハンドボール/水泳
いま熱中していること 料理

お母さんの喜ぶ姿や
感動で涙するご主人の姿に
心打たれました

産婦人科に決めたきっかけは? 大学5年生で産婦人科を回らせて頂いた際に分娩に立ち合い、お母さんの喜ぶ姿や感動で涙するご主人の姿に心を打たれ、一人でも多くのご家族を幸せにするため周産期に関わる仕事がしたいと思い産婦人科を志しました。初期研修医になってからは救急救命のように時々刻々と変化する状況に対応することにやりがいを感じ、それも周産期分野に関わりたいと感じさせた要因の一つでした。

周産期分野の発展を願い日々精進

現在の産婦人科生活について 現在は臨床に従事しながら、大学院生としても勉強させて頂いており、臨床のみならず研究の面からも周産期分野の発展を願い日々精進しています。 今でも分娩に立ち会う際には、お母さんやお父さんに「ありがとうございます」と言われるたび、「こちらこそあなたの出産に立ち会わせて頂いてありがとうございます」と幸せを運べる仕事につけたことに日々感謝しています。

若手委員たちがみなさんの進路相談など些細な悩みも解決します!

学生・研修医のみなさんへのメッセージ みなさんこんにちは!
このページを見ているあなたは今、産婦人科に少しは興味があるはずですね!それだけでも僕は十分嬉しいです!
魅力をもっともっと伝えていければと思いますので、ぜひ恥ずかしがらずに若手委員の用意した企画に参加してみてください!みなさんの進路相談など些細な悩みも解決します。
お会いできる機会を楽しみにしています!