公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

出産や生命の誕生に、単純に衝撃と心打たれ、感動を覚える。 

三宅 龍太Ryuta Miyake

出身地京都
出身大学奈良県立医科大学
卒業年度平成25年度
勤務先奈良県立医科大学附属病院
専門分野周産期
部活動/趣味家族でピクニック
いま熱中していること大河ドラマ

人と関わる仕事に就いて一生感動に触れていきたいと強く思う。

産婦人科に決めたきっかけは? 医学部に進んでからも、本当に医師になりたいのかよくわかっていませんでした。大学2年修了後に小さい頃から憧れていた世界一周をすることで、今後の人生は人と関わる仕事に就いて、一生感動に触れていきたい、と強く思いました。 大学4年の産婦人科の講義で、まず最初に年季が入った(昭和感のある)分娩についてのビデオ放映がありました。出産や生命の誕生に、単純に衝撃と心打たれる感動を覚えました。自分の志向が急性期や外科系であったこともあり、産婦人科に進むことを決めました。

市内唯一の産婦人科総合病院としてlow riskの妊婦さんの健診や分娩に携わる。

現在の産婦人科生活について 市中病院での勤務を経験した後に、現在は奈良県立医科大学附属病院の周産期部門に所属しています。産科合併症や合併症妊娠など困難な症例の対応を行いますが、市内唯一の産婦人科総合病院としてlow riskの妊婦さんの健診や分娩にも携わります。充実した毎日を過ごしています。

産婦人科の現状も魅力もお伝えするお手伝いを一緒にしませんか?

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 医師として働くからには、身体的にも精神的にも大変なことや、患者さんの悪い転帰と遭遇することが少なからずあると思います。そんな時でも踏みとどまって頑張れるのは、自分が好きなことを職業として、診療科として選ぶからこそです。私たちが皆さんに産婦人科の現状も魅力もお伝えするお手伝いができればと思います!