公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

検査・治療・手術・画像読影・病理診断は勿論、分娩を扱っている唯一の専門科。 

金井 貴弘Takahiro Kanai 

出身地新潟県
出身大学福井大学
卒業年度平成25年度
勤務先福井県済生会病院
専門分野産科救急、女性医学
部活動/趣味卓球/ポケモンカード
いま熱中していること育児と家事  

産婦人科の科長の先生のなんとも力強いお言葉がきっかけに。

産婦人科に決めたきっかけは? 最初は循環器内科、腎臓内科どちらかかな?と考えていました。メジャーな科を選んだ方がハズレはなさそうであることや、大学や研修病院での実習先や研修先の雰囲気などを参考に漠然と決めてました。しかしどこかしっくりこず、一生も決まってしまうと思うと一つの科に絞りきれず、しばらく月日が経っていきました。 そんな時、産婦人科の科長の先生に『お前は産婦人科にしかなれんぞ』となんとも力強いお言葉をいただきました。その後あれこれ考えてるうちに“確かにそうかも知れん”と思い産婦人科医になることにしました。 専門科の選択は、考えれば考えるほど泥沼にハマってしまうこともありますが、決断のきっかけは案外あっけないことが多いような気がします。

初期研修医の先生たちと一緒に仕事をすることも。

現在の産婦人科生活について 福井県済生会病院という市中病院で働いております。分娩、外来、手術など産婦人科業務を日々行っています。当院は研修指定病院なので、初期研修医の先生たちと一緒に仕事をすることができます。研修医の先生に対しては教える立場ではありますが、こちらも刺激を受けることが多く、日々楽しく仕事をしております。

何科になろうか全然決まらない! そんなあなたに朗報です。

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 何科になろうか全然決まらない! 内科的な検査・治療も楽しかったし、手術も楽しかったし、画像読影も病理診断も楽しかったなぁって言う人、朗報です。 それ全部、産婦人科でやっております。しかも産婦人科は分娩を扱っている唯一の専門科でもあります。 こう考えると、もう産婦人科以外考えられないのでは?