公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

他では味わえない分娩の感動。産婦人科は幅広い分野をカバー。

大塚 聡代Satoyo Otsuka

出身地東京都
出身大学琉球大学
卒業年度平成25年度
勤務先千葉大学医学部附属病院
専門分野婦人科腫瘍
部活動/趣味テニス部/ランニング、読書
いま熱中していること美味しいものを食べること。

大好きな祖母が婦人科癌に。祖母のような人の助けになりたいと思う。

産婦人科に決めたきっかけは? 大好きな祖母が婦人科癌で亡くなり、祖母のような人の助けになりたいと考えて医師を目指しました。 大学に入学後、産婦人科の授業でお産のビデオを見て、強く感動しました。 病院実習で、帝王切開で赤ちゃんが出るとHappy Birthday to youが流れたり、「おめでとうございます。」と言いながら、褥婦さんの部屋に入っていくのが、素敵だなと思いました。 他の科では味わえない分娩の感動に魅力を感じ、また、初志貫徹で婦人科腫瘍医になろうと考え、産婦人科を選びました。

婦人科腫瘍の修練の日々。やりたかったことに全力で取り組める充実した毎日。

現在の産婦人科生活について 婦人科腫瘍の修練を開始し、日々手術に取り組んでいます。また、卵巣癌の手術で摘出した検体のどこに癌が残っているかなどを、病理検査で確認しています。 自分のやりたかったことに全力で取り組めて、充実した毎日です。

“好き”が1つあれば、チャレンジしてほしい!

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 産婦人科は幅広い分野をカバーしています。 産婦人科のこの分野は苦手だけど..という方も勉強しながら経験してみればなんとかなります。“好き”が1つあれば、チャレンジしてほしいです。 産婦人科で待っています!