公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

女性の一生に関わることのできる、やりがいのある科です。

森山 真亜子Maako Moriyama

出身地 島根県
出身大学 鳥取大学
卒業年平成25年
勤務先 鳥取大学医学部附属病院
専門分野 周産期、生殖・内分泌
部活動/趣味 オーケストラ/読書、アマゾンプライム
いま熱中していること コナン検定の勉強

将来の自分の姿を想像
したとき、周産期なしで
考えられませんでした。

産婦人科に決めたきっかけは? もともと周産期に興味があり、学生の頃から何となく産婦人科を志望していました。研修医になっていろいろな診療科を回ると、それぞれに魅力があり、心カテかっこいい!とか、地域医療大事だなぁとか正直思いました。でも将来の自分の姿を想像したときに、周産期なしで考えられなかったので産婦人科を選びました。実際働いてみると、分娩だけでなく悪性腫瘍の治療、緩和ケア、開腹手術、腹腔鏡手術、ロボット手術、不妊治療など範囲が広く、本当に女性の一生に関わることのできる、やりがいのある科です。

臨床からは少し離れ、大学院で内膜症の基礎研究を中心に行っています。

現在の産婦人科生活について 現在、鳥取大学で大学院生として内膜症の基礎研究を中心に行っています。臨床からは少し離れた生活になっていますが、疾患の病態を学び、考えて、結果を得る過程は、臨床にも役立つ力を得ることができると思っています。 研究が一段落したらまた臨床に復帰する予定です。

生命の誕生に立ち会える。
やりがいを感じずには
いられない科です。

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 決して暇ではない、自分の力が及ばないこともある医師という仕事を続けていくとき、やりがいは必要不可欠です。産婦人科は、生命の誕生に立ち会うことができ、やりがいを感じずにはいられない科です。産婦人科を選んだら絶対後悔はしません!ぜひ一緒に働きましょう!