公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

緊急帝王切開で手術室に走っていく姿に憧れました。

山本 健太Kenta Yamamoto

出身地 広島県
出身大学 香川大学
卒業年 平成25年
勤務先 香川大学医学部附属病院
専門分野 周産期
部活動/趣味 テニス/野球観戦
いま熱中していること 漢方の勉強

母子2人の命を救うため
手術室に走っていく姿に
憧れました。

産婦人科に決めたきっかけは? 緊急帝王切開で手術室に走っていく姿に憧れたことです。 元々は救急科志望でした。しかし、母子2人の命を救うために全力を尽くす光景を目の当たりにして、これが自分のやりたい救急だと感じました。

大学院で妊娠高血圧症候群について研究しています。

現在の産婦人科生活について 現在は、大学院で妊娠高血圧症候群について研究をしています。当たり前だけど意外とよくわかっていない浮腫をテーマに、電解質や内分泌との関係など多角的にアプローチして、問題追求に取り組んでいます。

10年後、やりたいと思えることが必ず見つかる。

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 産婦人科には、10年後の皆さんがやりたいと思えることが必ずあります。分娩、超音波、不妊治療、手術、化学療法、ホルモン治療、遺伝カウンセリング…etc とにかくたくさんあります。
ぜひ、産婦人科でやりたいと思える仕事を一緒に見つけましょう!