公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

産婦人科4代目として人生をかける決心。

小田原 圭Kei Odawara

出身地オーストラリア→東京
出身大学昭和大学
卒業年度平成25年
勤務先昭和大学大学院
ファティリティクリニック東京
専門分野生殖・内分泌(不妊治療)
部活動/趣味ゴルフ部/素敵おじさん目指し
いま熱中していること革靴手入です。革靴は生きているのでしっかりお手入れをすると見違えるように輝きます。

決断のポイントは産婦人科の先生方の人柄

産婦人科に決めたきっかけは? 曽祖父・祖父・父が産婦人科であり4代目としてこの世に生を授かり、小さい頃から医師になることを自然と夢みて医学部に入学しました。 最終的に産婦人科になると決めたのは研修医2年目の入局期限ギリギリでした。 決断のポイントは産婦人科の先生方の人柄です。厳しいところもあるけどいつも楽しそうにお産をとったり手術をしたりしているのを見て人生をかけてみたいと思い、産婦人科4代目となる決心をしました。

病気で悩める患者さんを救える日が待ち遠しい

現在の産婦人科生活について 専門医を取得後、生殖・内分泌という分野を専門に決めました。いわゆる不妊治療の分野です。大学病院に所属しているので、臨床・研究・教育の3本柱で仕事をしていますが、現在は大学院生として臨床での疑問やを解明するため日夜研究に勤しんでいます。 新たな治療法を発見し、全国の病気で悩める患者さんを救える日が待ち遠しいです。

「卵から墓場まで」診療できる科

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 産婦人科は「ゆりかごから墓場まで」と言われてきましたが、現在はさらに広がり「卵から墓場まで」診療できる科と成長を続けています。 以前は当直回数や仕事時間がネックになり夢半ばで泣く泣く他科に入局する研修医もいましたが、それは昔の話です。 働き方改革が導入され大幅に労働環境が改善され続けています。安心して産婦人科に飛び込んじゃってください。