公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

Chisato Kodera

目の当たりにする、小さな命の頑張りに衝撃。

小寺 千聡Chisato Kodera

出身地熊本県
出身大学熊本大学
卒業年度平成22年
勤務先熊本大学病院
専門分野産婦人科全般
部活動/趣味テニス/ピアノ、旅行
いま熱中していること英会話、料理、学会出張先を最大限楽しむこと

立ち会ったお産で受けた衝撃

産婦人科に決めたきっかけは? きっかけは学生実習の際に立ち会ったお産で受けた衝撃です。“排臨と発露”、このたった5文字で表された小さな命の頑張りを目の当たりにして、自然と涙が出てきたことを今でも覚えています。一方で、NICUで見た保育器の中の小さな小さな赤ちゃんは何が違うのだろうと。その時から周産期、ひいては産婦人科全般へと興味が広がっていった結果、今に至ります!

日夜研究に励み、旅行や食も楽しむ。

現在の産婦人科生活について 生命誕生の神秘に魅せられた私にぴったりの研究テーマのもと、大学院で日夜研究に励んでいます。臨床から離れてしまうのは寂しいので、外来や当直をしながら、そして教室が婦人科病理に力を入れていることもあり、毎日のように顕微鏡も覗いています。最近は医局に可愛い後輩たちが増えたので、ビシバシと指導する楽しみを覚えてきたところです。また、国内外の学会や年2回の長期休みを利用して、旅行や食(夏はテラスでビールやワイン、冬はおでんと熱燗)を楽しんでいます。

ヒトの一生に寄り添える、尊くてやりがいのある科

学生・研修医のみなさんへのメッセージ みなさんは、産婦人科が好きですか??私は好きと産婦人科医師として働くことへの不安の間で悩んだ時期がありました。でも、サマースクールに参加して若手産婦人科医の熱意を感じ、また研修医として間近で医局の先生方の生き生きした様子を見る度に、どんどん好きという気持ちと期待が大きくなっていきました。産婦人科は「命が生まれる前から、その終わりまで」、ヒトの一生に寄り添うことのできる、尊くてやりがいのある科です。 もしもあなたがちょっとだけ不安があって、背中を押して欲しいなと思っているなら、サマースクールやPOP2で待ってるので是非参加してみてください!