公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

より強く感じる、産婦人科の面白さ。

小作 大賢Daiken Osaku

出身地群馬県
出身大学鳥取大学
卒業年度平成25年
勤務先鳥取大学病院
専門分野婦人科腫瘍
部活動/趣味サッカー/スポーツ観戦
いま熱中していること子供とプールに行くこと、快眠を得られる寝具探し

女性のために低侵襲手術を行いたい

産婦人科に決めたきっかけは? 大学5年時に実習で産婦人科を回り、腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術を見学しました。開腹手術と比べて患者さんの負担がとても軽いことを知り、驚きました。産婦人科の先輩にとても可愛がってもらったことも大きく影響しましたが、女性のために低侵襲手術を行いたいと思い、産婦人科に決めました。 産婦人科医としての仕事を始める前は手術を含めた婦人科腫瘍をやりたいと思っていましたが、実際に働いてみると、周産期、生殖・内分泌を初めとして興味深い分野が多く、産婦人科の面白さをより強く感じました。

基礎研究にも取り組んでいます。

現在の産婦人科生活について 現在は大学病院で一般診療(婦人科腫瘍、周産期、生殖内分泌)を行いながら、基礎研究にも取り組んでいます。 大学での当直は月2-3回であり、その他に一般病院での外来・手術・当直を行っています。 個人個人がライフステージに合わせ、柔軟に仕事を調整しています。

自分のライフワークに相応しい専門分野がきっと見つかる

学生・研修医のみなさんへのメッセージ ありきたりな言葉ですが、産婦人科を選んで間違いはありません。 自分のライフワークに相応しい専門分野がきっと見つかるはずです。 一緒に産婦人科の未来を切り開きましょう!