公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

ただただ産婦人科は面白い

小椋 淳平Jumpei Ogura

出身地愛知県
出身大学京都大学
卒業年度平成25年
勤務先大阪府済生会野江病院
専門分野産婦人科全般
部活動/趣味卓球/ゴルフ・懸垂・子供を甘やかすこと
いま熱中していること1歳になる子供がいます。
父親としての尊厳をアンパンマンに奪われないよう、日々全力で子供の相手をしています。

高尚な動機はいらない

産婦人科に決めたきっかけは? 刷り込み学習の賜物。 部活のOB会などの度に、当時顧問をされていた先生に「小椋!産婦人科はいいぞ!産婦人科はいいぞ!」とアルコールとともに勧誘文句を繰り返し流し込まれ、気づいたら産婦人科医になっていました。 もちろん、専門科目の講義・ポリクリ・研修医ローテーションで産婦人科を超える魅力的な診療科には出会わなかったことは言うまでもありません!

なんでもござれで奮闘中

現在の産婦人科生活について 中規模市中病院で産婦人科全般の臨床に携わっています。少数の常勤医ながら周産期・悪性疾患・緩和なんでもござれで奮闘中です。 患者さんの価値観も大事にした医療を心がけています。 また、昨年長男を文字通り取り上げました。 日中は忙しいですが、on offがはっきりとしているため、産婦人科医の妻とともに子育てにも注力しています。

心からの「おめでとう」

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 実は、「初めまして、こんにちは、おめでとうございます!」という実習での分娩見学で感動をしたことがありません。しかし、研修医の時に、長期間担当した方のお産の時には涙が止まりませんでした。初めて、心からの「おめでとう」を言った時の感動は筆舌に尽くせません。 産婦人科ローテーションが必修となりました。ぜひ一人の患者さんに少しだけでも踏み込んで関わってみてください。そして、心からの「おめでとう」を言ってみてください。病みつきになりますよ。