公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

出産の作り出す、幸せの輪の大きさに感動。

長谷川 瑛洋Akihiro Hasegawa

出身地神奈川県
出身大学東京慈恵会医科大学
卒業年度平成22年
勤務先国立成育医療研究センター 再生医療センター
専門分野周産期
部活動/趣味ソフトテニス/スキューバダイビング
いま熱中していること至高のイタリアンを作ること

出産をした当人と夫のみならず、家族、友人まで笑顔と幸せの輪を広げる

産婦人科に決めたきっかけは? 出産の作り出す幸せの輪の大きさに感動したことが決め手でした。 父が産婦人科医であったこともあり、幼少期より出産や不妊治療などを間近に感じていました。その中でも出産は、出産をした当人と夫のみならず、家族、友人まで笑顔と幸せの輪を広げることができることに大きな感動を覚え、産婦人科医になることを迷うことなく決めました。

新規胎児治療法の研究、妊婦健診や分娩、一般婦人科、不妊治療など幅広く携わる

現在の産婦人科生活について 市中病院での初期・後期研修を終え、母校である東京慈恵会医科大学産婦人科学講座に所属しています。周産期を軸に、現在大学院生として幹細胞を用いた新規胎児治療法の研究を行いながら、妊婦健診や分娩、一般婦人科、不妊治療などの診療にも携わっています。

多様な働き方のできる産婦人科は非常に魅力的

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 皆さん、医師生活は何年あるとイメージしていますか? 人にもよりますが、20から40年、もしかしたら60年あるかもしれません。不意に立ち止まった時に次に自分が進める選択肢がたくさんあるのが産婦人科です。人生の多様性が許容される時代だからこそ多様な働き方のできる産婦人科は非常に魅力的であると思います。 そして、出産の立会いは本当に最高です。どんな出産にもその家族ごとのドラマが広がっています。そんな人生の瞬間をお手伝いできるのは産婦人科医の特権です。ぜひ一緒に多くのドラマのお手伝いをしていきましょう!