公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

やりがいを感じない産婦人科医はいない

樋口 やよいYayoi Higuchi

出身地大阪府
出身大学高知大学
卒業年度平成24年
勤務先高知大学病院
専門分野婦人科腫瘍
部活動/趣味バレーボール部・華道部・ダイビング
いま熱中していること学生教育・自己決定を促す為のコミュニケーション

産婦人科医師がきらきらと働く姿

産婦人科に決めたきっかけは? 子供の頃から人と話すことが好きで、人に直接関わる仕事に就きたいな、と考えていました。高校時代は助産師を目指し、一度看護学部に入学するも、手術なども含めてより広く患者さんと関わりたいと考え医学部へ入学しました。その時から産婦人科に興味がありましたが、最終的には初期研修2年目に決めました。他に救急医学や外科に興味を持ち悩んだ時期がありましたが、やはり分娩や手術、ホルモン治療など幅広くできる科がいいと思い決めました。また、学生時代からお世話になっている先輩の産婦人科医師がきらきらと働く姿をみて、ここで自分も働きたいと感じました。

日々試行錯誤、勉強しながら実践。

現在の産婦人科生活について 現在は、大学病院で婦人科腫瘍を専門に働いています。診断、治療方針を決め、どのように説明すれば患者さんへ伝わるのか、日々試行錯誤しています。今は、患者さんの意思決定支援をどのようにしていったよいのか、勉強しながら実践しています。 腫瘍を専門にしていますが、病棟では妊娠・分娩管理も行っています。

忙しいが、それを上回るやりがいがある

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 産婦人科は幅広い専門分野があり、それぞれにあった分野を探すことができます。忙しくないかと聞かれると、忙しいですが、それを上回るやりがいがあります。産婦人科に少しでも興味があれば、是非一歩踏み込んで、質問してみてください。やりがいを感じていない産婦人科医はいないと思います。