公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

Yusuke Matoba

楽しいこと、嬉しいこと、全部盛り沢山!

的場 優介Yusuke Matoba

出身地東京都
出身大学慶應義塾大学
卒業年度平成23年
勤務先慶應義塾大学病院(大学院生)
専門分野腫瘍、子宮移植(仮)
部活動/趣味柔道部/海とウクレレ、そしてお酒。スノーボードも好きです。
いま熱中していること後輩教育、産婦人科若手医師のワークライフバランスを考えています!職場を離れたら、息子を褒めて育てることに熱意を燃やしています。

飽きっぽい自分でもずっとできそう

産婦人科に決めたきっかけは? オペあり、ケモあり、お産あり、ホルモン治療あり、と飽きっぽい自分でもずっとできそうだなと思って、研修医2年目の春に決めました。

研究領域の深さに驚く

現在の産婦人科生活について 楽しいこと、嬉しいこと、きついこと、全部盛り沢山! でも、がむしゃらに頑張ったあとはいつも良い時間だったと思えます。 難しい患者さんにも自分で対応でき、よくなった時の患者さんの笑顔に癒やされます。 自分で臨床研究を組み始め、研究領域の深さに驚いています。

仲間と助け合って、充実した生活を送る

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 忙しい、大変、プライベートがないというイメージもあると思う産婦人科ですが、忙しいからこそ、仲間と助け合って、充実した生活を送ろうとする意識が強い科です! 手を動かすのも、頭をつかうのも両方好き、という貴方は産婦人科にゼヒ!!絶対に満足できると思います。