公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

Yoshihiko Hosokawa

患者さんに寄り添う医師であり続けたい

細川 義彦Yoshihiko Hosokawa

出身地宮崎県
出身大学筑波大学
卒業年度平成24年
勤務先筑波大学
専門分野周産期
部活動/趣味小学校から始めたサッカーを大学生までやっていました。
いま熱中していることふるさと納税で秀逸な一品を探すこと

父・祖父の仕事の素晴らしさに感銘を受ける

産婦人科に決めたきっかけは? 自分の父・祖父が産婦人科でしたが、実は産婦人科になりたくはありませんでした。理由は幼い頃にほとんど遊んでもらえなかった経験があるからです。精神科や終末期医療を志して医学部に入ったのですが、学生実習の際に分娩や婦人科手術を経験して自分の父・祖父の仕事はこんなにすばらしいのかと感銘を受けました。特に、いきいきと働いている産婦人科医の輝いた目はとても魅力的でした。後悔しないためにもまずは産婦人科をやってみようと思い、学生6年生で産婦人科に入ることを決めました。

この世に新たな命が誕生する瞬間に感動しながら、日々邁進

現在の産婦人科生活について 日々の診療の中で、自分が求められる限り全力を尽くしています。楽しい・うれしい出来事もありますが、正直つらい事もあります。そんなときは、悩みを聞いてくれる同僚や癒しを与えてくれる家族に助けられながら一歩ずつ進んでいます。自分の妻の出産経験から分娩時の母親をサポートしたく、産婦人科医である事を忘れて応援役に徹する事もあります。この世に新たな命が誕生する瞬間に感動しながら、日々邁進しています。 次のお産も先生に診てもらいたいと言ってもらえるように患者さんに寄り添う医師であり続けたいと思います。

産婦人科医に聞けば、魅力が必ず伝わるはず

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 産婦人科は幅広い分野があり、どんな人でも自分の興味や特徴にあった専門を見つけることができます。例えば、産科救急のようなダイナミックな診療もできますし、女性ヘルスケアのような時間をかけてその人に寄り添う診療もできます。命の誕生に直結する生殖医療やバラエティーに富んだ手術がある婦人科も魅力的です。しかし、実習や初期研修で産婦人科に積極的に関わってもらわないとその醍醐味はわかりません。実習や初期研修で出会った産婦人科医を捉えて、「なぜ産婦人科になったのか?産婦人科になってよかったか?」と聞いてもらえれば、産婦人科の魅力が必ず伝わるはずです。そして、私たちと同じ産婦人科医として働くこと未来を楽しみにしています。