公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

Yusuke Hirose

正常分娩でさえ、一つとして同じものはない

廣瀬 佑輔Yusuke Hirose

出身地茨城県
出身大学昭和大学
卒業年度平成22年
勤務先昭和大学病院
専門分野腫瘍
部活動/趣味硬式野球部、スキー、麻雀
いま熱中していること子供、ゴルフ

産婦人科の手術や分娩に魅了された

産婦人科に決めたきっかけは? 学生時代から外科系に進みたいという希望があった中で、産婦人科を実習で回った時に手術や分娩に魅了されたというのがきっかけです。その勢いのまま産婦人科重点コースで研修医2年間を過ごしました。入局を決めたのは、途中で若干救命救急や泌尿器科にふらつきかけたため産婦人科重点コースなのに遅めの研修医2年目の12月頃でした。

自分の好奇心や興味など刺激され続ける毎

現在の産婦人科生活について 産婦人科としての生活は、研修医の時に想像していた以上に楽しいものです。日常になりがちな正常分娩でさえ、一つとして同じものはありませんしハイリスク管理の分娩が母児共に元気で終了した時の喜びはひとしおです。また手術に関しても良性・悪性と開腹・膣式・腹腔鏡・ロボットと選択肢が多く、自分の好奇心や興味など毎日刺激され続けております。その中で現在は大学院生として子宮頸癌の原因ウイルスであるHPVに対する研究を大学院のテーマとしてやっておりますが、これも毎日が新鮮・刺激的で楽しいです。日々の仕事をしていく際に、多様性のある刺激をもらえるという点が産婦人科の良い点でもありまた同時に日々私が魅了され続けている点でもあります。

まずは実習・初期研修で産婦人科を感じて欲しい

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 産婦人科は生業としていくのに十分な魅力がある診療科です。女性しかみないといえばそうかもしれませんが、出生直後から高齢者までカバーしている科ですから物足りないなんてことはありません。診療内容的に子供・母・祖母の三世代に関わったりもできます。 色々とイメージや先入観もあるとは思いますが、まずは実習・初期研修で産婦人科を感じて欲しいです。