公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

医療で未来を繋ぐ 仕事をしたい。

末光 徳匡okumasa Suemitsu

出身地広島
出身大学日本大学
卒業年度平成22年
勤務先亀田総合病院
専門分野周産期医療 胎児超音波 胎児心臓超音波
部活動/趣味ダンス、ギター
いま熱中していることドライブで遠方へお出かけ

きっかけはタイ王国孤児院訪問

産婦人科に決めたきっかけは? 学生時代のタイ王国孤児院訪問をきっかけに、医療で未来を繋ぐ仕事をしたいと思ったのが始まりです。 日本·世界どこであっても未来に繋がる仕事、それはお産を取り上げ、女性の生涯を守ることだと考え、産婦人科を選びました!

現在は周産期診療を行っています

現在の産婦人科生活について 亀田総合病院で周産期診療を行っています。特に超音波で胎児心臓精密検査や妊娠第一三半期間のスクリーニング検査を行っています。その他は合併症妊娠管理や分娩もあり、まさに市中総合病院といったものです。千葉の田舎病院ですが、仕事の目標を持って、それを実現できる良い環境で勤務しています。 また医学教育に力を入れ、シミュレーターやシナリオを利用したシミュレーション教育、短期間研修の中での手術実施指導、講義による知識の充実化など、教育を行う側と受ける側が一緒に切磋琢磨できる環境を日々模索しています。

産婦人科は、未来を繋げることのできる仕事

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 産婦人科は、未来を繋げることのできる仕事の一つです。そこから得られる充実感は年数が経っても褪せることはありません。むしろ女性診療の奥深さに医学者としても医療者としても興味が湧き毎日がワクワクします。 まだ道の途中の私ですが、素晴らしい医師人生を経験することができると確信しております。ぜひ一緒に、産婦人科の素晴らしさを体験しましょう!お待ちしております。