公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

Mitsunori Matsuo

言葉で表せない、研究ができる楽しさ。

松尾 光徳 Mitsunori Matsuo

出身地群馬県
出身大学札幌医科大学
卒業年度平成21年
勤務先東京大学附属病院
専門分野生殖医療・内視鏡手術
部活動/趣味ストリートダンス フライフィッシング
いま熱中していること釣り旅

産婦人科を頼りにしてくれる多くの患者さんとの出会い

産婦人科に決めたきっかけは? 医学部5年生での学生実習です。産科・腫瘍・生殖医療・ヘルスケアなどとても裾野が広く多様性があり、しかもそれぞれ非常に専門性が高い事に魅力を感じました。 初期研修で、「こんな産婦人科医になりたい!こんな医師人生を送りたい!」と思える先輩方・同期の仲間や、産婦人科を頼りにしてくれる多くの患者さんと出会ったことで、産婦人科になる事を決心しました。

産婦人科医として充実した時間を過ごす

現在の産婦人科生活について 自分は大学病院で働いておりますが、産科・腫瘍・生殖医療・ヘルスケアの全ての分野で困難症例が集まってくる場所で、それらのスペシャリストと共に働けることは非常に刺激的です。 また、産婦人科における魅力の一つに、「研究の楽しさ」があると思います。僕の場合は受精卵と子宮の出会いである「着床の機構解明」を研究テーマとしておりますが、世界でもまだ開拓されていない、未知な部分の多い事柄について研究を行うことができる楽しさは言葉では表せません。また研究だけでなく臨床でも、不妊治療における難治・困難症例の治療にたずさわっています。 臨床・研究のそれぞれにやりがいと楽しさがあり、産婦人科医として充実した時間を過ごせています。

是非、実際に産婦人科を覗いてみてほしい

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 産婦人科は命ができ、生まれ、生き、亡くなるまでの全ての場面に関わることができます。そこでは心に残る数多くの場面に出会うことができ、その一つ一つが、自分の人生を豊かにし、成長させてくれていると感じます。 みなさんも是非、実際に産婦人科を覗いてみてください。