公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

産婦人科に決めたきっかけは、多くの先生の熱意。

眞山 学徳Mayama Michinori

出身地北海道
出身大学北海道大学
卒業年度平成23年
勤務先北海道大学医学部附属病院
専門分野周産期
部活動/趣味サッカー/旅行
いま熱中していること2歳の娘と全力で遊ぶ

多くの先生の熱意を感じて産婦人科に決めました

産婦人科に決めたきっかけは? 学生の時に医療訴訟や妊婦のたらい回しが問題になっており、周産期医療に興味を持ったこと。学生の時に産婦人科の教授が出産がいかに奇跡的なことなのか熱く語っていたこと。日産婦のサマースクールに参加して、産婦人科、周産期医療をなんとかしようと思っている多くの先生の熱意を感じて産婦人科に決めました。

臨床に従事しつつ、地方病院へも出張、地域の周産期医療の一翼を担う

現在の産婦人科生活について 今年から大学院に入っていますが、研究は準備を進めている段階で、現在は病棟でバリバリ臨床に従事しつつ、地方病院へも出張し、地域の周産期医療の一翼を担っています。大学と出張先の病院での当直があるので、当直回数はどうしても多くなってしまいますが平日でも交代で午後に休みをとったりと、プライベートの時間も作れるように配慮してもらっています。

まずは1歩を踏み出してみてください

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 命の誕生に立ち会えるというのは本当にすばらしいことで産婦人科の大きな魅力の一つと思います。また出産だけでなく、産婦人科は腫瘍、周産期、生殖内分泌、女性ヘルスケアとサブスペシャリティを通して女性の一生に関わっていく科であり、とてもやりがいのある科です。 産婦人科に興味がある方はもちろんですが、今のところ特別興味がない方も少し勇気を出して実習に積極的に参加をしたり、学会が行っている様々なイベントに参加してみると今まで知らなかった産婦人科の魅力が見えてくると思います。「百聞は一見に如かず」です。まずは1歩を踏み出してみてください。きっと回りの産婦人科の先生は温かくサポートしてくれると思います。