公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

Haruka Ueda

赤ちゃんの 笑顔や泣き顔で 満たされる空間。

上田 遥香Haruka Ueda

出身地新潟県
出身大学獨協医科大学
卒業年度平成23年
勤務先新潟大学医歯学総合病院
専門分野婦人科腫瘍
部活動/趣味競技スキー、マラソン、自転車、音楽、ドライブ
いま熱中していること自分磨き

きっかけは幼少期に見た両親の姿

産婦人科に決めたきっかけは? 幼少期に産婦人科医・助産師として働く両親の姿を見て、この仕事に興味がわきました。ポリクリで一日がかりのお産の妊婦さんをつきっきりで介抱したときにはお産って大変‼と思いましたが、初診からかかわり、様々な検査手技を駆使し、自分で顕微鏡も覗けて、内科的にも外科的にも最善の治療を提供でき、またその中で妊娠・出産に立ち会ったり、緊急時に対応したり、最後は緩和治療やお看取りまで、ひとりの患者さん・その家族とたくさんかかわることができることに魅力を感じ、入局を決めました。

がん細胞と向き合う研究の日々

現在の産婦人科生活について 専門医取得後は、主に婦人科悪性腫瘍の患者さんにかかわっています。がんの手術や腹腔鏡手術、化学療法・放射線療法、終末期、悪性腫瘍合併妊婦や不妊症患者など、大学病院では様々な患者さんに出会います。 現在は大学院に進学し、そんな患者さんたちのために新たな治療戦略が見つかればと、がん細胞と向き合い研究の日々です。時々外来診療やお産に立ち会い、患者さんと接する時間が楽しみです。

ゆっくりと専門分野をきめればいい

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 産婦人科はなんでもできる科です。診療分野も幅広く、手技も多いです。入ってからゆっくりと自分のやりたい専門分野を決められます。無事に元気な赤ちゃんが生まれたときに、おめでとうと患者さんとともに喜べることや、職場が赤ちゃんの笑顔や泣き声で満たされていることも魅力です。迷っている人は是非産婦人科の雰囲気を覗きに来てください!