公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

Akihiko Ueda

経験と諸先輩や先人の知恵を取り入れながら日々精進

植田 彰彦Akihiko Ueda

出身地大阪府
出身大学京都大学
卒業年度平成23年
勤務先大阪府済生会野江病院
専門分野産婦人科全般
部活動/趣味Medical English Speaking
Societyに属し英語プレゼンスキルを磨きました/ 趣味:秘境、秘湯を巡ることで日本、世界各地へ出かけました。
いま熱中していること家事の軽減を目指すべく、自宅のIoT化を推進しています。

女性の一生をサポートしていくことに魅力とやりがい

産婦人科に決めたきっかけは? 産婦人科は臨床実習が始まる学部5年生までに進むことを決めていました。決め手となったのは(1)診療科としての幅広さ・多様性と、(2)免疫寛容に興味があったという2つの理由です。産婦人科は周産期から更年期、良性から悪性腫瘍と幅広い年代の女性における種々の疾患を治療対象とし、腹腔鏡手術や開腹手術などの外科治療だけでなく、薬物治療や精神的ケアなどの内科治療を組み合わせ女性の一生をサポートしていくという点が非常に魅力的でありやりがいを感じるところであります。また、生殖や産科領域では母体と胎児の免疫寛容、腫瘍領域では近年免疫療法が注目を浴びており、子宮移植も臨床研究が進みつつあります。免疫寛容の仕組みは未解明の部分も大きいことから基礎研究分野としても興味を抱きました。

患者さんやそのご家族の人生に即した医療を目指して

現在の産婦人科生活について 地域の市中病院で産婦人科全般の臨床に携わっています。出産の喜びや、不妊のつらさ、悪性疾患に伴う苦悩等を共有しながら、患者さんやそのご家族の人生に即した医療を目指して日々診療を行っています。 診療の中で稀な症例に出会い治療の方針に悩んだり、癌再発の方などで治療の限界を感じたりする時もしばしばあります。これまでに培った経験を生かし、また諸先輩や先人の知恵を取り入れながら日々精進しています。

産婦人科は唯一「おめでとう」と言える科

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 産婦人科は 唯一「おめでとう」と言える科です。日々新たな命の誕生によりそう喜びがあります。また、産科/婦人科の手術、腹腔鏡、内分泌など一つの科の中でも様々な方面で活躍する場があります。 まずは産婦人科に実習に、あるいは研修に来てください! 近い未来に皆さんと女性によりそう医療に貢献できることを祈念しております。