公益社団法人 日本産科婦人科学会 産婦人科医への扉 −君の力が未来になる−

MEMBER’s VOICE

ベテラン・若手産婦人科医の声

Yuko Shimoji

女性の一生に寄り添える素晴らしい仕事

下地 裕子Yuko Shimoji

出身地沖縄県
出身大学琉球大学
卒業年度平成23年
勤務先琉球大学医学部附属病院
専門分野腫瘍
部活動/趣味バスケットボール/海外ドラマ、日本酒
いま熱中していること日本酒の勉強

地域研修で初めてみたお産に強く感動

産婦人科に決めたきっかけは? 小学生の頃からずっとバスケットボールをやっていたので、医学部入学時はスポーツドクターを目指していました。しかし、4年生の時に地域研修で初めてみたお産に強く感動し、「これしかない」と産婦人科を目指すようになりました。研修医時代にほんの少し迷った時期もありましたが、「手術が好き、お産が好き」という気持ちは変わらなかったので、産婦人科医になりました。 現在は腫瘍を専門としていますが、専門分野に関わらず、女性の一生に寄り添える素晴らしい仕事だと日々感じています。

目下の目標は、婦人科腫瘍専門医の習得と研究テーマの探索

現在の産婦人科生活について 2年前に大学に戻り、婦人科腫瘍グループで日々診療をしています。目下の目標は、婦人科腫瘍専門医の習得と研究テーマの探索です。時には大変なこともありますが、それ以上にやりがいがあるので頑張れます。

まずは実習や研修などで魅力を肌で感じてほしい

学生・研修医のみなさんへのメッセージ 産婦人科は主に腫瘍、周産期、生殖、ヘルスケアの分野に分かれていますが、どの分野をとっても非常に奥が深いです。また一つの分野におさまることがなく、妊婦の癌治療、妊孕性温存治療、卵巣摘出後のヘルスケアなど、様々な視点から女性を診れるといった魅力があります。色々なイメージはあるかもしれませんが、まずは実習や研修などで魅力を肌で感じてください。ぜひ、一緒に働きましょう。